探検

鶴見線探検記!海芝浦駅にやってきた!デートには絶対使えないぶらり旅専用駅!

こんにちは!

この記事を見ているあなた、「鶴見線」ってご存じですか?

神奈川県のJR京浜東北線にある「鶴見駅」。そこから出ている超ローカルな路線、それが「鶴見線」です。

この「鶴見線」、とってもローカルな電車なのですが、地味に「濃い」駅がたくさんあります。

先日、その「濃い駅」の一つ、「海芝浦駅」に探検しいにいってきました!

まず、海芝浦駅の大きな特徴は「出られない」です笑

改札出口がいきなり「東芝エネルギーシステムズ」という会社の門に直結していて、一般人は入ることが出来ないのだ!

「じゃあそんなところ、その会社の人以外は何しにいくの?」と思う人もいるだろう。

答えは「何もしない」である。

何をするでもない。ただ海を眺めるだけだ。

いいじゃないかそんな日があっても。

てことで、とりあえず鶴見線に乗り込むためにJR京浜東北線にて「鶴見駅」まで向かいます。

鶴見駅に到着すると、階段をのぼったところに「鶴見線」の改札口があります。

そして、鶴見線に乗り込む、、、

みすず学苑のヤマトタケルみたいなやつに見つめられながら、、、

鶴見線に揺られること10分くらい。海芝浦駅に到着です。

凄いです。ドアから出たらいきなり海です。

玄関開けたら2分でご飯とかそういうレベルじゃないです。

ドアが開いたら秒で海。

ただ、問題はこの海、そんな綺麗じゃない。

工業地帯の海ですからね。透き通っててエメラルドグリーン♪♪ってわけにはいかないです。

ただ、別に「汚ッ!!」ってなるほど汚くもない。

個人的には、東扇島の海の汚さの方が何倍もイカしてます。

あの海に落ちたら1週間くらい立ち直れない。

さて、ちょっと奥に進んでみましょう。

手前にみえるのがsuicaをタッチするところですね。

その奥にTOSHIBAの文字見えますか?今はサザエさんから撤退してしまったあのTOSHIBAの文字。

ここが従業員の方々の入り口なんですね。

え、、、これで海芝浦駅、終わり??

って思いますよね。ボクは思いました。

しかし、サービス精神なのかイタズラ心なのか、神は海芝浦駅に「海芝公園」という、コリスのラムネについてるおもちゃ程度のおまけを用意してくれていました。

みてください、このPOPな雰囲気の看板。一気に気持ちが上がってきますね。

公園の中はまあまあの景色が広がっていました。TOSHIBAの方々はお昼ご飯をここで食べたりするのでしょうか。わりと癒されそうです。

そしてその先に行くと、、、

なんというか、、聖剣が突き刺さっていそうな、貞子が出てきそうな、そんな雰囲気の丸があります。まあ、花が植えてあるだけだったんですけど。

公園から振り返ると海芝浦駅。

なんというか、自宅の最寄から海芝浦駅までの路線検索をして、片道25分以内くらいだったらお暇な日にビール片手に行ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

滞在時間はおよそ10分くらいです。

まあ、、、そんな日があってもいいんじゃないでしょうかね、、、