未分類

科学的根拠あり!しゃっくりを3分で確実に止める方法が解明された!

あなたは今、今まさにしゃっくりをしている最中ですか?

しゃっくりを止めたい!って思った時、あなたは何をしますか?

なんと、たった3分でほぼ確実にしゃっくりを止める方法が解明されたのです!

それは「袋を自分の口にあてて3分間呼吸をすること」だそうです。

そう、、まるでシンナーを吸うかのように笑

しゃっくりの止め方は今までいろいろ、それはもう色々諸説ありました。

息を1分止める、ビックリさせてもらう、水をいっきに飲む、、、etc

ボクも今まで上記のような方法を行っていましたが、そのどれもがエビデンス(いわゆる科学的根拠)がありませんでした。

しかし!

今回、聖マリア病院という病院の大渕医師という方が「動脈血と静脈血の

二酸化炭素濃度を一致させるとしゃっくりが止まる」というメカニズムを解明したのです!

動脈血・・・心臓から出て行って体の隅々までいきわたる血液

静脈血・・・体中にいきわたったあとに心臓に戻る血液

動脈は行き、静脈は帰り、って感じですね。

じゃあ、どうやってその2つの二酸化炭素濃度を一致させるのか?

それが冒頭でお伝えした「袋を使って呼吸をする」ということなのだそうです。

以下、引用です。

 大渕医師によると、安全性を確認した上で、重症の男性患者2人に袋を使って自分が吐いた息を吸わせ続けたところ、3分前後で症状が改善。同じ条件に置いた成人男性の血中CO2濃度を測定すると、通常は低い動脈血の濃度が上昇し、3分前後で静脈血と同じになった。「CO2濃度が上がり、大脳が窒息回避の指令を出したため延髄の活動が抑制されたと考えられる」と分析。昨年、英国と中国の医学誌に発表した。

Yahooニュースより一部引用

上記の記事では、重篤な症例20に対して有効な結果が出たそうです!

サンプル数20というのはちょっと少ないですが、「科学的根拠があって解明された」ということは大きいのではないでしょうか?

皆様も、しゃっくりが止まらなくなったら是非試してみてください!