雑記

とある日の日記[2011年04月13日]

男は見ている!選ばれない女性の特徴

【SMAPって昔は6人組だったんだよ!と豪語する女】
自己主張の強い自称情報通は、いつの時代も困り者。中でも、元スマップの森くんの情報を今でも大事に保持する女性にはこのタイプが多し。
このタイプの女性と関わると「あ~、I LOVE SMAPを知らない今の子たちってかわいそう、、、」と、なぜか哀れみの目を向けられ、無駄な悔しさを味わう可能性大です。

【いつも片手にウンコを持っている女】
これも最近では街中で散見される女性。
「不思議ちゃん」のアピールのつもりかもしれませんが、男性陣から見ると「ただのレベルが高いチャレンジャー」です。
これでは男性の闘争心に火をつけるだけ、、。お調子者の男性からはライバル視され、イケてる男性からは危険人物のレッテルを貼られるだけで『恋愛対象の女性』として見てもらえる確率はあまり高くありません。

【メールのタイトルの”Re:”を消さないと爆ギレする女】
なぜかメールの”Re:”を毛嫌いし、”Re:”のついたメールを送ろうものならすぐに折り返し電話→「なんで”Re:”をつけるの?!信じられない!?頭ハゲ上がってるんじゃないの!?」などと、身体的特徴に矛先を向けてくるという恐ろしいマルチウェイ攻撃を繰り出す女性。
一部の男性を激しく傷つけます。

【自称「私が官房長官だったら絶対うまくやれる自信がある」女】
枝野さんの会見を見るたびに、「あ~、この発言じゃ叩かれるよ、、、」・「枝野さんが官房長官じゃあただちに健康被害があるよ」・「私は官房長官です」・「私が町長です」と、徐々に発言のレベルが斜め上に上がっていく女性。よくいますよね。
こういう女性も、男性から見ると「なんかよくわかんないこの人」と思われるだけで、メリットはありません。
せめて町長はやめてください。ロマサガ3が好きってバレます。

【女性じゃない女】
チンコが生えていて、あごひげモッサモサ。「え、、これが私の口臭!?」というぐらい口臭も強く、胸毛ももじゃもじゃしており、風貌はもはやオッサン。
むしろこの人は単なるオッサンです。赤提灯の店で一緒に飲むのも悪くないかも。

【一人称が”それがし”の女】
「それがし、、、あなたのことが好きなの。」・「おととい、それがし企画で女子会やったんだけどさぁ、、」・「それがしのあそこ、、もう濡れちゃったよ、、、」
時代劇の見すぎです。

【RIKACO】
うっとうしい。

いかがでしたでしょうか?
あなた自身orあなたの身の回りにもこういう女性、いますよね?
ステキな女性が少ないと、女性のために「男」としてがんばる男性も減っていきます。
その逆も然り。

ステキな女性・男性が増えれば増えるほど、全体のステキさも高まっていきます。
お互いを高めあい、ステキな恋の場所を拡げていきましょう☆